Driving Simulators' Ecstasy
2017 08 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201710
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかのRaceSimCentralの復活から数日が経過、
その後どうなっているのか見て回ってみた。


 新生RaceSimCentralそのもの

  ・旧RSC時代forumのデータ
    - 未だリストアされず
    - 今後のリストアの有無について、運営から告知は無し

  ・旧RSC時代のアカウント
    - アカウントのデータそのものは残っている
    - ログインしようとするとパスワードで弾かれる
    - パスワード再発行の手続きを行なった後に
     ログインしようとすると、永久BANを喰らう(なぜ?w)
       Others_Diary_100304_Banned from RSC.jpg



 レースシムコミュニティの反応

  ・CTDPとVirtualR(SimRaceWayボイコットの中心的存在)
    - Blog上では今のところ反応無し

  ・旧MMG・現MAK-Corp(ボイコット騒ぎに対してSimRaceWayの主張を代弁)
    - Website上では今のところ反応無し

  ・NoGrip、RaceDepartmentその他
    - ざっと見て回った限りでは新生RSCに関するthreadは無し
    - Quick Chatでネタ振りをしている人がいたが、誰も喰い付かず



コミュニティメンバーの内面を推測するに

  MOD職人:
   「旧RSC時代の膨大なpostが復活するわけでもなく(今のところ)、
    しかも運営はあのSimRaceWay、ということでスルー」

  新作MODを求める人たち:
   「MODのdownload情報があるわけでもないので関心がない」

こういった感じだろう。


旧RSC時代のpostが復活すれば、一時的に新生RSCが賑わうかもしれないが、
新生RSCの立上げのグズつき(SRWオープン当時を思い出す)や
レースシムコミュニティの冷めた反応を見ると、
新生RSCの将来はあまり明るくなさそうだ。



今回の新生RSCを見ていると、
前々からSimRaceWayについて感じている疑問が頭をよぎる。

「法人であるSimRaceWayがMOD業界に参入してくることで
 商標等の権利者から訴訟のターゲットにされるリスクが高まる」

レースシムコミュニティ(特にMOD職人)から繰り返し出ているこの不安に対して
なぜ具体的な対応策を提示しないのだろうか?
(あるいは、そうした対応策が無いと考えているなら、
なぜ現在のビジネスを続けているのだろうか?)

個人が非営利目的で作成したMODにすら
商標の権利者からクレームがついた実例があるというのに、
法人が営利目的で(間接的にせよ)そうしたMODを扱うというのは
安全の確保に対して余程の自信がなければ出来ないことだと思うのだが…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。