Driving Simulators' Ecstasy
2017 07 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Release当日に長時間かけてダウンロードしておきながら、
時間が作れず放置していたDemo版RACE ONだが、
ようやくトライすることができた。

ftp://ftp.i3d.net/SimBin/RaceOn_Demo_Setup.exe


プレイの印象について、結論から述べてしまうと
「GTR2との比較でヌル挙動と言われるケースがあるが、
 その実GTR2と大して変らない」

収録車種の大半がFFであること、
そのFFのデフォセットアップが極度の安定志向になっていること、
動力性能が(GTR2の収録車種と比較して)低いこと、
こうした要因によってヌル挙動と言われているように思える。


Demo版で使えるSEAT(FF車)のセットアップを旋回志向に振ってみたときは、
 #Dif=1Way (Power40%、Coast0%) + Rear Toe in = -0.1~0.1+その他デフォルト
ターンインでリアが出た挙句にお釣りを喰らってスピン、
ということも経験できた。




…とこうした書き方をすると、
RACE ON、GTR2ともどもガチガチのsimulation系と受け取られかねないが、
Tyreデータから話をすると、
両タイトルともバトル重視game系の内容となっている。


Tyreの動きは、
LoadSensやLat/LongPeakを始めとした数多くのパラメーターも影響してくる
(かつ自分自身まだphysicsについて理解できていない事柄が多い)ので、
絶対にgame系だと断言はできないのだが、
Tyreデータのうち、基本をなすbase curveは
RACE ONとGTR2は驚くほど似通った内容になっている。

スライドアングルの大きい位置にグリップのピークが設定され、
かつピーク近辺もなだらかな設定となっている。


またタイトルが目指す方向性を読み取るのに便利なDropoffFunctionは、
RACE ON、GTR2ともに"+1"(=Game方向)に設定されている。

 (参考画像)
   RACE ON_SEAT TDI_Tyre SlipCurveBase_Lat_Front.jpgGTR2_BMW M3_Tyre_SlipCurveBase_Lat_Front.jpgrF_EpsilonEuskadi_EELMP107I_Tyre SlipCurveBase_Lat_Front.jpg


簡単に言ってしまうと、
「タイヤの限界付近で走りやすいように、
 かつ限界を超えたとき車体に唐突な動きが出にくいような」
設定となっている。
(ただし現実のtyreの再現性と引き替え。特にDropoffFunction。)



サーキット走行のゴッコ遊びを一人ですることを考えると、こうした設定は勘弁して欲しいが、
人間相手のマルチをメインとするならば、止むを得ない選択であるとは思う。

特にRACEシリーズが取り扱っているのはWTCC。
MacauやPauといった市街地で団子状態での接近戦を演じることになる。
ガチガチのsimulation方向に振ったphysicsでは色々と厳しそうだ。



そんなこんなでマルチ用としてなら
(GTR2と同様)RACEシリーズもアリかな~と思っていたところに、
SteamでRACE07が5$との話が!

FFと市街地trackが大好きな自分は購入するかどうか迷っているのだが、
これ以上マルチに参加する余裕はないのもまた事実
(現状ですらrFの国内鯖とFPSの海外鯖へのjoinで精一杯)

これ以上手を広げて苦しくなるのは勘弁だけど、
かといって手を引けそうな遊びも見当たらない。
どうしたものか…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。