Driving Simulators' Ecstasy
2017 07 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Need for Speed SHIFTのPC向けDemo版をプレイしてみた。
(プレイ環境)
  ・プレイ時間:2時間
  ・使用車種 & コース: Lotus Elise & Spa
  ・Game Device:G25(900+720+450°/ ABCペダル / Hシフト)
  ・各種詳細設定:プロ、アシスト全cut、その他(画像参照)



自分に興味があったのは、
以下の話が事実なのかどうか、その一点につきる。

 ・ShiftのphysicsはGTR2のそれよりも遥かに洗練されたかつ詳細なものとなっている。
  RBRの製作に携わったEero氏が全く新しいかつ素晴らしいtyre modelを開発した。

  (Source)
   Need for Speed Shift - New Details Revealed
    - http://www.virtualr.net/need-for-speed-shift-new-details-revealed/
      - http://www.virtualr.net/need-for-speed-shift-new-details-revealed/#comment-20080



現時点での結論としては次の通り

 (1) Shiftのphysics & tyre modelがGTR2よりも良いものだとは感じられない。
 (2) (1)の理由がどこにあるのかは判断がつかない
    (候補)
      a) Shiftのphysics & tyre model自体
      b) a)に与えたパラメーター



レースゲームとしての印象は悪くない。
臨場感あふれる映像とそこそこ機能しているFFBのおかげで、
PhysicsがアレなrFやR2のMODよりは、本物のクルマを操っていると自分に言い聞かせやすい(ゴッコ遊びとも言う)。


ただShift内のクルマの動きを仔細に観察してみると、
Tyreが不自然な動きをしていることに気付かされる。

ステアリングをそっときってtyreに僅かなスライドアングルを発生させてやると、
Tyre接地面に粘着域がまったく発生せず、
接地面全域がいきなり滑り域になってしまう。

またスライドアングルを大きくしつつ、それに伴うtyreが発生するグリップ力の変動を見てみると、
グリップ力のピークからの落ち込みが信じられないほど緩やかで、
わざとお釣りを発生させようとしても、それが出来ないくらいの変動になっている。


GTR2やrFactorでも、tyre定義ファイルの数値によってはこうした動きは出るので、
上で述べたShift内のクルマの動きをもって、Shiftのphysics & tyre modelが駄目なものとは判断できないが、
少なくとも現在のShiftに入っているデータでは自分は楽しく遊べない(のでHDDから消去した)。


01
02
03
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。